愛媛県庁を見学に・・・。

松山城のあたりに・・。

夏の暑い日に、愛媛県庁の建物を見に行きました。なかなかの近代建築で、見栄えもいいし・・・、ていうか、

ほぼ県庁ってその建物は、どの県でも大体近代建築です。

これ定番です。

愛媛県庁は、松山城のお堀起こしたあたり、左手に堀が見えますし それを越したぐらいの所に県庁の建物が見えてきます。少し向こうに行けば萬翠荘への上り坂があります。

連ちゃんでいい建物が並んでるって感じですね。

ちょっと駐車場に入りにくかったですが、少しセマメな駐車場で・・・、

まあだけど台数は結構置けるような感じでした。

そこに車を停めて県庁を見に行きます。

廊下がロケ地で使われた??

1929年に本館が完成。1980年に別館が完成。そして、1982年に県議会議事堂が完成したそうです。

この議事堂的なものも見てきましたが・・・。なんとなく近代的な建物のてっぺんに、丸いドーム状のものが乗っかってます。

中に入ると結構廊下が立派で、これって世界の中心で愛をさけぶっていう映画に使われたそうです。いえばロケ地です。

映画ですので森山未來さんが出たものだと思いますけども、別にもロケ地で使われたところがありますが、この四国に、ロケで使われた写真館や海が、また街があって、この場所にも行きましたけども海が綺麗で、突堤で釣りをしましたが、この突堤も映画に映ってました。

釣りをしていたところが、映画に写ってるってちょっと感動です。

やっぱ、内部が素晴らしい。

結構、各地の県庁庁舎を見ましたが、 大体どの建物でも見所は、やっぱ階段、玄関とか あと、エレベーターとか、あとライトやステントグラス・・・、この辺でしょうか・・・。

今回もそんな感じです。でも、その一つ一つが違ってて面白い、洋式は割と似てるんですけども・・・。

なぜか扉や電灯 階段がどことなく違っている、この辺に特徴があっていいんですね。

それを一軒一軒見て回る、そんな感じですけど。

この建物も素晴らしいです。言うことなしって感じですけども、なんしか、今日は暑い そちらのほうが気になります。

本当暑い日でした、びっくりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする