姫路の網干区”旧山本家住宅”にいってみた。

網干区っていう町

姫路に網干区って所があって 初めて行ってみた。古い街並みや臨海沿いには”ダイセル”のような でかい工業会社があって なんで栄えてるかわからん町なのか でも”ダイセル”とかを見ると栄えてるって感じもする。全体的には良い町じゃないですか?この網干の町は昔の漁師街らしく 海苔養殖とかで栄えたらしく その後は廻船問屋って感じがある。街並みにも水路があり その経路で海に出て 船で物資を各地方に運ぶ。明治初期のころの廻船で栄えた漁師街は各地に多いし、よく見ます。網干もそんな街なんでしょう。


■玄関


■外塀が立派です。


■看板


■床の大理石デザインがいい。


■洋間もいい。

旧山本家住宅

そんな中に”旧山本家住宅”がある。和洋折衷の 和と洋の建物、この山本氏もこの網干の名士でもあり、廻船業とかで財をなし、網干銀行の頭取や網干の町長まで務めた。その氏が建てたこの建物。明治初期の建物らしいですが、外観もすごいが中も見ごたえがある。ステンドグラスや昔のおしゃれな電灯、洋間。和式は和式で 昔のお金持ちの日本家屋って感じがすごい。廊下沿いに日本間の部屋がたくさんある。掛け軸とかも高そうで 欄間も見事です。


■ステンドグラス


■なにこれって感じのステンドグラス。


■壁にアワビのようなものが埋め込まれてる。


■昔の洋風階段。

家の中身がすごい!

しかし、このころの洋風建築には必ず、ステンドグラスが施されている。それと昔のまるっぽい室内灯、いろんな形の種類の電気、これって特注なのかな。割と各所の室内灯に違いがあって 結構いい感じの室内灯が多い。シャンデリアや室内灯はレトロ品として世に出したら結構、高値でうれそうな、それと 各家ではちがう”ステンドグラス”、これはもちろん特注なんでしょう。完璧に違いますし やっぱ家長が支持し 家にちなんだ文様とかデザインが入ってる、これらも高そう。この山本家もそんな重要文化財の塊です。すごいです、昔のカネモは・・・。


■日本間の室内灯がすごい。


■日本庭園、庭がすごい。

道順的には・・・。

大阪から姫路に行くまでの道順的には 車で行くなら 基本的に山陽道か中国道、それかバイパスを通る そんな道順があって、どれが近いかって言うと やっぱ山陽道が行きやすいかなと思うが・・・。 ただ、垂水のインターチェンジのところがなかなか難しい。明石海峡大橋、四国方面に行く途中の 山陽道への道順を少し間違いそうになる。たまに間違えて 淡路島に行ってしまうことがある・・・。変だけどね、だけど気をつけなくてはいけないので 簡単なのは 月見山起こして まっすぐ行ってバイパスに入る方がわかりやすいかな。バイパスに関しては、阪神高速をそのままずっと行けば、自動的にバイパスに入りますから、ただ どうしても街並みを走っているので車が混む、というのが難です。 一番、車が少ないのは中国道だと思いますが、かなり海岸縁までの距離があって 下に降りるのが大変、だからほとんど使わないとは思いますが・・・、やっぱり山陽道でしょう。車も適量だし 下に降りるのも近い。この辺いつも迷うところですが、バイパスを通るよりも 山陽道ですか・・・?


■全体的な地図で


■近づくとこんな・・・。


■近所に”旧水井家”なんかもある。


■旧水井家住宅はこんな感じ。

※ちなみに 近辺で有名な建物”旧網干銀行”にもいってみた。この辺じゃめずらしいぐらいの洋館 近代建築、ここも重要文化財に指定されてるんじゃないかあ、たぶん、緑めいたレッテルが貼られている。

この近辺の街並みを見て、その後は海岸べりの方に行くのがいいかな。ダイセルとかの工場があって その建物内部の異人館的なものを見るのも実に面白いと思う。 ダイセルが技術を進めるにあたって 外国の技術者をたくさん日本に受け入れ その技術を高めた。その際に外国の方がたが住んでいた洋館がある。結構映えてます。 そこから海の方に行くと 結構公園があって やっぱり姫路ぐらいまで来ると結構海も綺麗です。海風に与えると思いますので おすすめかな。


■googleビューでみた、街並み

この辺の街並みの面白いところは、やっぱり都会のようにビルが全然ありません。本当昔の日本の街並みって感じです。街並みと言うか住宅地ですか?で、突然のように、結構昔のお金持ちさんの家が出てきたりします。それが旧山本家だったりするわけですが、その辺が面白いところです。家の作り方が近所のものとは少し違う、 と言うか見るからにお金持ち的なそんな感じではあります。 一種、平地に立ってるお寺さんのようなそんな感じの建物、これがお金持ちの旧家になる、近江八幡の町並みなんかもそんな感じだったと思いますが。なかなか古風で 人通りもなく 少し安らぎます。その辺が  のんびりとこういう場所に行くところの良い点だと思いますが・・・、どうでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする