賢島にある”湯快リゾート志摩彩朝楽”にいってみた。

”湯快リゾート志摩彩朝楽。

賢島にある”湯快リゾート志摩彩朝楽”に1泊してみた。久しぶりの三重の海の風景 良いですね、このリアス式っていうでしょうか、入江のような海の風景です。昔は黒鯛釣りに夢中だったので この辺のうみにもよくきた。特に五か所や鳥羽の的矢のほうとか、古和浦界隈によく行ったみたいな、あとはざま浦って所には、結構かよったって感じですが。関西では”ちぬ”って言いますが、これがなかなかつれない魚で 毎回、つれても1匹ぐらいですか 小さいのは釣れるが 大きいのはなかなか手ごわくって通いました。そんな三重県の海です。このリゾートホテルからも 海を見てると 養殖のいかだに船をつけてますが 大概はそんな感じの船やいかだがあって そこから海底に糸をたらして釣りをする。そんな感じの海の風景が見えてます。

■”湯快リゾート志摩彩朝楽”のサイトにリンク


■夕食会場的、人でいっぱいでした。


■トレー上の食事です。

値段が非常にリーズナブルで・・・。

このホテルは最近やたらと宣伝してて 案外安い料金設定なので 1度行ってみようということで 泊ってみることにしたのですが。いわゆる”湯快リゾート”ですが、このチェーンというかフランチャイズというか ホテルチェーンは案外 大きなリゾートホテルが多く 料金も1万円前後で 非常にリーズナブル。良いですね! そんで長崎の平戸にあるこの名前のホテルに 1万前後で宿泊して それが値段の割に非常によかった。景色も食事も風呂もよかった、そんで賢島もと思って宿泊してみることにした。でも、ちょっと平戸のように行かなかった。食事とかホテル内とかが もうひとつだったかって感じですが。ホテルの客室内のタバコのにおいが少しのこってて、事前にタバコのにおいのしない部屋としていはしたのですが、もう一つでしたが。そのへんは顧客サービスがもうひとつ 教育されていないというか 少し雑で改善されればいいと思いますが、普通の食事するお店でも そのへんの事は店によって違うので 店の方針もあるんでなんとも言えませんが・・・。


■ホテルの室内からの風景


■海の風景が最高です。


■朝食のトレーです。バイキングで食べたい放題。

やっぱ、三重県は海の景色が最高!

ただ、室内から眺める景色はすごくよかった。あたりの景色が古めかしいというか 静かな感じの山と海の狭間って感じで 海も自然に囲まれた 綺麗な海で夕日も綺麗で 客室もにおいさえなければ 広くって豪華な 値段の割には結構グレードが高いって感じで 少し古いが これもきちんと掃除を徹底して磨けば それはそれなりの味が出るのではないかって感じの部屋でしたので、においさえなければって思いましたが、ちょっとしたことでいくらでも変えられる部屋で素材はいいって感じです。また、ホテル内の施設も充実してる、カラオケに卓球に読書室や 子供遊び場やプール、どれも磨けば光る素材ばかりですが、そういう意味では運営次第で将来が楽しみなホテルです。でも、いいホテルになれば、当然値段も上がるんでしょうけど そのへんの掛け合いでしょうか・・・。そんな部屋から眺めるのは、綺麗な三重県の最高の海の景色でした。


■朝のホテルのプールです。朝からやってました。


■朝の海の風景、快晴です。