岸和田 紀州街道にある”旧岸和田貯蓄銀行””旧和泉銀行” 多いね銀行の建物

しかし、銀行が多いですね。岸和田は相当栄えていたんでしょう。
この紀州街道は どうやら大阪中央区の高麗橋から、
和歌山に抜けるメイン通りだったんでしょう。
東海道と同じような主要道路で、この界隈には”はたご”、
旅館的なものの跡がたくさん立ち並んでいる。

なんだか、すごく整備されてて 通り沿いの建物もすごく
メンテナンスされてるので 相当お金が出てます。
やっぱ、一時期の村おこし的な 地域の活性化運動で 
どんな街にもあって 通り沿いの家や店舗にお金が落ちて 
道路もきれいにして 家々もきれいに改築・メンテナンスされている。
見ればわかる感じです。

でも、この通りはやっぱ、さわれないので 一時の道路がたくさん
整備された時期に やっぱ阪和道とかといった道路整備で 
ちょっと上にメインの車道を作ったて感じです。海岸線には高速もあって 
この街へのアクセスも結構 簡単です。できれば、関空からの
観光客が増えればといった狙いがあるんじゃないですか?
まっ それに越したことはないえすが、どうでしょう・・・。


■旧岸和田貯蓄銀行 今は中央会館 レトロ感がいい。


■旧和泉銀行 これ渡辺節さんです。
節さん儲けすぎ・・・。

■旧岸和田貯蓄銀行
大正10年に岸和田貯蓄銀行が設立し、昭和初期に建築されたと
推測される鉄筋コンクリート造1階、外壁はタイル張り、ヨーロピアン調の
3つの上心半円アーチが特徴的。
現在はかじやまち 岸和田中央商業協同組合 の事務所兼、店舗として
活用されています。

■旧和泉銀行
昭和8年に完成、住友銀行が入店してたこともあり、最後は南大阪信用金庫を
最後に 平成16年業務を終えた。
今はC,T,L, BANKと称し 関連三社の事務所として使われている。
館内は当時のままになってるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です