岸和田 紀州街道にある”旧四十三銀行”のたてもの

目次

  1. 紀州街道は、旧銀行の建物が多い。
  2. 岸和田界隈は、紡績業で富を成した人が多い。

紀州街道は、旧銀行の建物が多い。

岸和田城を下っていくと 紀州街道がある。このあたりも結構、見どころが多い。特に旧銀行の建物 今は他の銀行だったり役所だったりしますが、また、レストランとかだったりしますが・・・。どのビルもやっぱ お金かかってます的な また、レトロ感が最高の建物ばかりで 大阪市内のもたくさん残ってますが、やっぱ、この岸和田界隈にもおおいはず。

岸和田界隈は、紡績業で富を成した人が多い。

岸和田界隈はやっぱ 紡績じゃないですかね。紡績工場 特に有名な会社もあればで 取り合えずお金持ちになりましたって人々が多いと思う。また、紡績に関する工場や建物もたくさんある。それで銀行もたくさんあったんではないか?


■旧四十三銀行 今は別の看板です。

■旧四十三銀行
赤いレンガと花崗岩のツートンカラーで構成された歴史的重厚感のあるこの建築物は、大正8年に、旧 四十三銀行として建てられました。
現在も建築当時のまま活用されており、内部は柱が一本も無い吊天井となっています。設計者は不明ですが、作風からして近代建築の巨匠、辰野金吾ではないかという説もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です