2018 新年初詣は近場で”土佐稲荷”へいった!

目次

  1. 初詣、人が少ない土佐稲荷。
  2. 土佐稲荷は岩崎弥太郎、三菱の発祥地。
  3. 最近まで長堀通は川だった。
  4. お金持ちになる祈願はやっぱ 土佐稲荷。
  5. 堀江小学校の生徒数が異常に増えた。

初詣、人が少ない土佐稲荷。

今年は家族で近くの土佐稲荷へ初詣です。毎年のごとく 人は少ない!ラッキーです。ここに行く前に、実は”サムハラ神社”へ行きました・・・が、大変な人気です。人でいっぱい!ってことで 土佐稲荷です。去年は一人で土佐稲荷でしたが・・・。


■土佐稲荷へ!人も少な目です。


■この金の形、三菱です。

土佐稲荷は岩崎弥太郎、三菱の発祥地。

この土佐稲荷は、読んで字のごとく もとは土佐藩の持ち物で土佐藩の蔵屋敷、のちに三菱の創業者の岩崎弥太郎が買い取り、ここを拠点に事業を起こした、三菱発祥の地となってるが、弥太郎は社殿の造替を行い、郷社に列格。完全にその名残りで 三菱のマークが入ってる。

最近まで長堀通は川だった。

この辺は、長堀通と新なにわ筋の交差するぐらいにあって もともとこの東西にある長堀通は川だった。それもほんの最近まで、っていっても40年ぐらい前の話だと思うが、それと近辺はもともと木材屋さんが多い。最近は木材ではなく マンションや駐車場経営、テナントとかの不動産業に転職されてるように思うが、やっぱり、三菱のような船会社が流行った時期なので そのへんの事情がよくわかる。もうちょっと、北のほうにいくと中之島公園とかがあるが、その手前あたりも土佐堀通りといって やっぱ、土佐系の廻船所以なんでしょうか 名前がついてる。非常にわかりやすい地域です。

お金持ちになる祈願はやっぱ 土佐稲荷。

ということで、お金持ちになる祈願はやっぱ 土佐稲荷ということになるわけで また、このあたりは商売人さんが多いので よけいにそうかな~って感じではありますが・・。でも、実際 岩崎は船会社も有名でよく知られてるが、船で儲けたわけではなく デノミで儲けたと聞いてるが、新しいお金に日本が帰るときに、政府あたりからの情報で 前もって知ったうえで 旧貨幣を大量に買い集めて 新貨幣に買えた時の利益が莫大だったというこで その時の資産が三菱の資源になったと聞いている。

たぶん、土佐の後藤象二郎が新政府に入っていたので その辺のインサイダーだと思うが、いいですね・・。


■近辺はこんな具合で・・・マンションだらけです。


■こんな感じで”初詣” 並んでます。

堀江小学校の生徒数が異常に増えた。

というわけで、近辺は最近の”タワーマンション”ブームで、タワーが多く建ってる。その影響で、人口が増えて 特に子供さんの人口が増えた、クラスが倍になった。近くの堀江小学校が一学年3クラスだったのが、5クラスになった。また、近々クラスが増えるらしい話を聞くが、8クラスぐらいになるらしい。すごくない~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です