京都の”きんせ旅館”にあるkinse cafeに行ってみた。

京都の島原っていう遊郭。

京都駅から5分ぐらいのところに 江戸時代にあった”ゆうかく”、島原っていう地名で、昔、ゆうかくだった。その景色がいまだに残っていて 入口には大きな提灯みたいなものがあって それには”島原”って書いてある。その街のとおりの中ほどに”きんせ旅館”っていう旅館がある、その入口にカフェがあって ちょうど、旅館のロビーって感じの街いあいに カウンター越しに厨房がありフロアーにはテーブルがいくつかあって座れるようになっていて そこでお茶するわけですが、

■看板があがってます。


■建て物はこんな感じで昔の旅館風。


■ステンドグラスがきれい。

キンセカフェ&バー

このロビーみたいなところに並んでいる古風な調度品のかずかず、これがすごくいい。おまけにステンドグラスがすばらしい。こんなフインキのところでお茶する。”おちつきます。”って感じで また、昔ながらの大きなウーハーのスピーカーが左右に並んで置いている。そういや~昔はこんな大きなスピーカーの置いてある喫茶店が結構あった。というのも やっぱ”レコード”が流行っていたせいか、クラシックにジャズ、ロック、フォーク流行ってました。


■なぜかニャンコです。


■この古風な電灯がいい。

昔の古い感じの喫茶店?

時代的には1970代ぐらいかな。音楽が爆発的に、、、特にフォーク、ロックにいたってはいろんな音が生まれたっていうか そんな時代でもあった。いろんなリズムにアレンジ、今から思うとすごい時代です。いい時代です。日本の音楽は 特にポップスに関しては、西洋に影響されて変化していったが。やっぱ日本ですから技術的にも低く なじみも薄かった、だから 一部のファン 特に若いファンが聴くぐらいっていうか やっぱ、大半は演歌とかそんな感じではありましたから、それに西洋風文化 特に喫茶店に行くのがおしゃれな時期でもあって 東京なんかは時代の流れが速かったでしょうが、田舎はそんなに早くなくって でもおしゃれなお店でコーヒーを飲みながら おしゃれなクラシックや最新の音楽を聴く、やっぱそんな時はアメリカから来たフォークソングかな そんな感じがマッチして 喫茶店がはやった。そんなフインキの京都の遊郭界隈の喫茶って感じです。本当は 旅館のロビーなんでしょうが。それを改造してお店にしたみたいな、そんな感じのカフェです。


■ステンドグラス


■このつるが綺麗、”たんちょう”ですか?

受け継いだものを喫茶に改造した。

話によると 今のマスターのおばあちゃんがこの旅館の経営をやってて それを引き継いだみたいで それを改造してカフェにしてるって感じで 旅館も健在みたいで ただ、一日に一組とか そんな感じでやってるみたいで やっぱ、旅館の部屋の調度品も古くて素敵なんだろうと思うが、こればっかりはここに宿泊しないと見れないみたいで、すこし悔しいが それでも、この喫茶室の中の調度品だけでも見ごたえがある。ここは場所的に あまり人がきそうもなさそうな 今や住宅街的な状態なのでひっそりしてて 外国の観光客もここまでは来ないだろうから ゆっくりと過ごせる。最近は清水寺とかインバウンドで人がたくさんで もう大変ですから、ひっそりとした京都もいい感じで まさにここって感じですが・・・、どうでしょう。


■カフェのなか、全体にとってみた。


■入口は遊郭 島原って・・・。