久々に伊勢神宮に、そのついでに”宇治山田駅”にいってみた。

お伊勢さんに行くついでに。

お伊勢さんにいくと おかげ横丁を川沿いに出て 赤福餅さんの通りの界隈に おいしい令茶と桜餅とかを 豪華に日本座敷で食べさせてくれる場所があって 久しぶりに行きたいと思い 行ってみた。結局 その店はもうありませんでしたが、いつの話やねんって感じでしたが・・・。そのついでと言ってはなんですが 伊勢神宮に行くには 近鉄の最寄りの電車で下車してバスでお伊勢さんまでいく。さすがに伊勢神宮って大変おおきな場所なので バスの降り場所もいろいろあって・・・、ってそれはいいのですが、この”宇治山田駅”、建物がレトロで 特に中の建築が面白い。いわゆる近代建築になってます。これがいいって言うんで行ってみました。


■駅の入り口のところです。いい感じの建物?


■駅の中です。

宇治山田駅です。

宇治山田駅は参宮急行電鉄線といって 今の近鉄大阪・山田線のまえ、宇治山田も当時いの地名で1931年の話ですが、昭和初期の話ですが その頃に出来た駅で 「御遷宮奉祝神都博覧会」といって1930年に開かれた博覧会跡地にできた駅みたいです。当時の総理や天皇家の人々の参拝のための建物で 貴賓質があったりするぐらいで やっぱ、その当時としては、迎賓館なみの建物としてたてられたのでしょうか、たしかに立派な建築物になってます。聞く限り そりゃ天皇陛下が乗り降りする駅ですから また、駅について一休みって感じで 入る部屋なんどはやっぱすごいでしょう。そのへんの内部は立ち入り禁止になってましたが、それはでも いまだに総理も陛下も参拝されますから いまだに使っているのでしょう。やっぱ、出入り禁止は当たり前でしょう。


■外塀の壁面の装飾です。いいですね。


■駅の風景


■外からの宇治山田の駅です。

暑かったこの夏は・・・。

そのあたりの中は写真に撮れませんでしたが、外からの景色や 壁の装飾が面白くって 写真に撮ってみました。さすがです・・・。しかし、この夏の暑さで 外に出ていい感じの場所からの写真を撮るには ちょっと勇気が出ませんでしたが、バス停でバスを待つだけでも あつう~って感じですから アスファルトの外道をウロウロなんてとんでもなくって あまりいい絵はやっぱだめでしたが・・・、どうでしょう。