貴親方の「引退届」協会受理せず 「退職届が必要」と芝田山広報部長

貴乃花親方(元横綱)が25日、日本相撲協会からの退職を
表明し会見を開いたことを受け、協会の芝田山広報部長(元
横綱大乃国)が東京・両国国技館で取材に応じた。貴乃花親
方の提出した「引退届」や、所属力士らの千賀ノ浦部屋への
所属変更願いを受理していないと発表した。書類に不備があ
るためとしている。

しかし、これは大変なことです。騒ぎです。びっくりです。
貴乃花はどうしてしまったんでしょうか? 検討も着かない
ですが・・・。

貴乃花はもともと神経質で考えすぎの しいて言えば、まじ
めすぎの優等生なんでしょう。自分が考えていた相撲界の在
り方に というか、自分のイメージ通りに改革して 相撲界
をもっと純粋にもっと真剣に もっと聖なるものにしたかっ
たんじゃないですか?

=============================================
今のスポーツ界のバランスはすごく難しい、ま、どの業界も
分疑点にきてますから どの業界だって難しいんでしょうが、
何がって そりゃ、昔の人たちが業界を難しくシテル?合理
的といった言葉が昔の人には通用しないってことでしょう。
=============================================

年寄りも生きていかなければいけないので そういった意味
で昔から 不合理な年寄りの人件費を尊重するために既得権
があって その為に思い通りにいかない。そのことを真剣に
考えても こればっかは、少し時間がかかる。超高齢化のピ
ークはもうすぐですが、もう少し時間がたてばとは思います
が、既得権者が居座って どの業界も合理的にスムーズに
前に進まない。

貴乃花はそのことに負けてしまった! 一連の騒動があって 
でも、世間的には大したことでもないですけど、でも、やる
だけやって、結局、上に巻き込まれないとやっていけない。

気が付くのが少し遅いですけど、わかってて勝負したんでし
ょうけど、だめだったんでしょう。っていうか貴乃花の代で
はできないって気が付いたんじゃないですか?

病気でって それでまさかの事があってとは考えずらいです
が・・・、どうでしょう。

でも、後援会ももっと貴乃花を支えないとだめですよね。千
代の富士の後の貴乃花ですから、歴史上の大横綱でしょ、
したたかに時を待って それで自分が従来の年寄りのように既得
権等 権利に権威にまみれなければ、その時に相撲界を浄化
し変えていけばよかったんじゃないでしょうか?貴乃花を応
援してる人の多いわけですから
・・・。

=============================================
こわいのは、モンゴル勢ですね。その辺はしたたか極まりな
い、また。ハングリーと着てますから。相撲なんて競技は、
いずれなくなる文化でしょうけどやっぱ、人間の潜在能力的
な好戦欲をそそるので
 延長上に戦争があるとすれば、極力
なくしていかないといけない、文化だとは思いますので そ
れでも200年ぐらいはかかる。その年月のうちに モンゴルが
相撲で儲ける時間は十分にある。
=============================================

=============================================
朝青龍がいうように 勝てばいいのです。相撲はスポーツです。
=============================================

神技ではない、日本の神道にもとづいた神がかり的な催しもの
ではない。
協会は勝ち数が多ければ、横綱にせざるを得ない、
そういうことです。

=============================================
千代の富士あたりまで続いた、一種興業的な力関係上の勝ち負
けはもう作れなくなってきて、相撲界を日本人が維持できなく
なってきた。外人力士を入れなければいいが、強い力士を保有
するほど、部屋の実入りがよくなる
みたいなシステムを作った 
相撲協会の失敗に貴乃花は失望したんじゃないでしょうか?
=============================================

惰性でやってる業界なんておもしろくもなんともないですから・
・・。時間の無駄、またそこに税金が使われてるとしたら、ひ
どい話です。

■貴乃花 光司
東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱。大相撲指導者。
所属した相撲部屋は藤島部屋後に二子山部屋。現在は一代年寄・
貴乃花で貴乃花部屋の師匠。元日本相撲協会理事。相撲教習所
所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部長、巡業
部長を歴任。他にスポーツニッポン評論家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です