大阪市都島区にあるトヨクニハウスに行ってみた。

目次

  1. 昭和初期の鉄筋コンクリート、貴重な建物らしいです。
  2. 2階建ての古い住居です。
  3. トヨクニコーヒーに入ると住居の中が分かります。

昭和初期の鉄筋コンクリート、貴重な建物らしいです。

大阪市都島区にあるトヨクニハウス、昭和初期にできたレトロチックなアパートにあります。具体的には昭和17年らしいです。戦前、昭和初期の鉄筋コンクリートの集合住宅、あまり残存していない貴重な一品らしいです。戦争にも勝ってきためずらしい代物です。


■全体的な外観はこんな感じ。
ツタがからんでるわけではなく、ただの葉っぱ?


■2階の窓が見える。外壁の色がいい、いい味出しる~。


■入り口の階段 ここもくさだらけです。


■でました、トヨクイコーヒー、普通です。


■おもちかえりできます。コーヒー豆をひいてうってます。


■テレビも丸テーブルもミシンも・・・。


■頂きましたアイスコーヒー、コップが家庭的??

2階建ての古い住居です。

2階建てで、団地みたく 中央階段で部屋が左右に分かれてる、いまだに人が住んでるみたいです。レトロな階段におしゃれな丸窓、なんとなく必見です。割と住宅密集地にあって庶民的な風景の中にあります。

トヨクニコーヒーに入ると住居の中が分かります。

中には入れないので 中を見たければってことで ”トヨクニコーヒー”があります。店に入って昭和初期のふいんきをたのしむのも良しです。近所のおっちゃんもきてました。コーヒー飲んでました。大阪でいう”レイコー”っていうやつ、少し暑い日でしたのでいいんじゃないですか、一休み?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です