ミライザ大阪城に行ってみた。

目次

  1. できたのに気が付かなかったミライザ大阪城。
  2. 駅は大阪城公園駅、観光客が極端に増えました。
  3. 古い建物の様ですが、中はお店でいっぱい。
  4. 昔は屋台的な食べ物や土産物屋があったが・・・。
  5. 大阪城は今も昔も戦国を感じる場所です。
  6. 今後、暴力的な行為はしない為の戒めのための建造物です。

できたのに気が付かなかったミライザ大阪城。

大阪城に ”ミライザ大阪城”ってのがあります。昔はなかったけど 最近できたのかな~、気が付かなかったです。大阪城は、大阪人のいこいの広場で 大阪城に入ったところは 森的な広場で中の方に行くと スポーツができそうな運動場や その先には堀があってその堀を渡れる橋がある、その橋を渡って登っていくと大阪城に行き着きます。


■”ミライザ大阪城”


■大阪城がみえます。


■真田さん やってました。

駅は大阪城公園駅、観光客が極端に増えました。

駅は、大体は森ノ宮? 今は大阪城公園駅ってのがありますが、ここは”大阪城ホール”ができてからかなり、出入りが激しくなって いまはこちらの方が よく知られてるかも・・・。また、最近は海外の観光の方々がおおく、特に中国の方だと思いますが 大阪人よりも多い感じです。というのも、海外で日本の観光地で人気なのが 大阪中央区ってことで ものすごく増えました。観光のお客さんが増えるってことは お金を使ってくれる 町が潤うってことで いいことなのでしょうが、とにかく 増えました・・・。

古い建物の様ですが、中はお店でいっぱい。

”ミライザ”は大阪城の 右横でいいのかな~ 右に位置していますが、なんだか古い建築物って感じがしますが・・。中には レストランやお土産物屋さんがはいっていますが、昔は大阪城の前にお好みやらたこ焼き、飲み物といった屋台的なものが入った建物があって そこでみんな買い食いっていうの・・・、


■中はこんな感じ 1階部分ですか・・・。


■ステンドグラスがきれいです。


■階段もゴージャス・・。


■昔の建物の特徴はこれ、シャンデリア?

昔は屋台的な食べ物や土産物屋があったが・・・。

そんな感じでしたが、やっぱ、景観の問題なのでしょうか、下の森の中の方には ところどころに喫茶のオシャレな建物があったり、大阪城の横には この”ミライザ”ができたってことです。そら 屋台よりは景観がいいでしょうから、夜もライティングされて素敵だし、屋台って昭和ですから、今は平成どころか平成ももうそろそろ 終わりですから こんなのがたつんでしょう!!

大阪城は今も昔も戦国を感じる場所です。

この”ミライザ”は、旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)で、それを改装したもので、1階には、ショップ、レストランが並んでいます。また、屋上に行けば、目の前に天守閣がみえます。
※旧第四師団司令部庁舎とは、昭和天皇の即位を記念して、昭和6年に市民の寄付により当時の金額にして150万円が集められ大阪城天守閣の再建、大阪城公園の新設とあわせて、第四師団司令部として建設されたものだそうです。この由緒ある2つの歴史的建造物・・・。大阪城は戦国の世、昭和天皇は第二次世界大戦と なにか、どちらとも戦国の世の歴史を感じます。

今後、暴力的な行為はしない為の戒めのための建造物です。

人間は歴史を経て 理性を高め、生まれながらの”戦いたい”、思うようにいかなければ”暴力”といった考えを断ち切って ワンステップ上の生き物に進化しようとしている、世界的にも戦争はしないといった方向で、世界から暴力をなくす、殺しあう野をやめる、世界に平和をといった方向で やっと進むことができるようになった。この建物は、そんな悪い人間の過去を忘れないための 戒めるための象徴的な建物のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です