湯浅は、しょうゆで有名です。街なみも歴史的でっていうか古くっていい。

5月 しょうゆの古い街”湯浅”を、
ぼーっと歩いてみました。


■こんな感じの街並みです。

国道42号線を湯浅に向かっていくとっていうか 高速を湯浅で降りて 
白浜に向かっていくと 湯浅に入るとしょうゆ工場の見学やらで、
このへんは湯浅醤油という会社で 工場見学とかをやってる会社だと・、
結構、駐車場もひろく 車を止めて少し外を満喫できます。

じゃなくって・・・。
湯浅漁港に向かって 国道を右にきると 途中で川沿いぐらいに 
しょうゆ屋の街並みが見えてくる。このへんが面白い。


■これがところどころにある。なんか小物が入ってる・・・。


■有名な湯浅醤油

たぶん町おこしとかで 結構、見どころのある街並みにしていますし、
しょうゆで栄えたころの街並みを再現しているといった感じになってる。

車道を左にいくと駐車場とかもあるので 駐車場の心配もなしです。
そのほかの商品等のお店もあるので 見てまわれます。

=============================================
※湯浅は醤油発祥の地として この辺の建物を伝統的建造物群保存地区として
湯浅町が管理してるみたいです。
保存地区は旧市街地の北西に位置し面積にして約6.3ヘクタール。

16世紀末期頃に開発されたといわれる北町鍛冶町、中町、濱町を中心とする醤油醸造業が
最も盛んであっ た一帯、『通り』と『小路』で面的に広がる特徴的な地割と、醸造業関連
町家、土蔵を代表とする近世から近代にかけての伝統的な建造物が残さ れている地区だそうです。
=============================================


■駐車場もあります・・・。


■街並み レトロでいい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です