大阪 池田にある”池田銀行” 近代ビルです。

大阪 池田氏にある池田銀行の創業ビル。
まだまだ昔感の残っている近代ビルディングだ。
車がいききしている大きな通りに面して 
ドンと立っている。

戦後地銀として なんで池田市に創業なのかと思うと 
やっぱ、小林一三の関係で、創業時、小林も顧問として名をつらね、
のち 阪急、東宝グループの傘下となったらしい。
のちに、泉州銀行と合併し 池田泉州銀行となったらしい。
池田銀行本店である。

===================
池田市はやっぱ 小林一三なくしては語れない、
阪急の地元って感じがします。
小林邸を見に行く際には、
この池田銀行本店も是非にって感じではあります。
===================


■このマークはなんでしょう?

戦前、戦後はやっぱり 銀行主体で世の中が動いては
いたのでしょうが、バブル崩壊後に時代は変わりつつあるので、
今や銀行のお金を集め、貸付でその鞘を取る的な
銀行本来の商売が なかなか難しくなりつつある今は、
やっぱ統合・併合して もっと、銀行を減らしていく
方向にあるみたいで 銀行にとっては大変な時代では
あると思いますが、昔の栄華を語るには 
りっぱな見ごたえのある建物が多いので 目の保養にはなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です