紀州街道 岸和田 ”吉田松陰逗留地”も情緒があっていい。

岸和田の紀州街道 少し南に歩くと 吉田松陰逗留地と称されるものがある。
その上は大きな道路をへだてて 岸和田城ではあるが、吉田松陰とどういう関係が・・・?


■吉田松陰逗留地


■このような 風情があっていい。昔のホテル街って感じ?

どうも、吉田松陰は岸和田藩校講習館の館長だったそうだ。
相馬九方をたずね、塩屋平衛門宅(紀州街道、本町の久住家)に10日間滞在。
火鉢にあたり番茶をすすり、煎餅をかじりつつ、
日本の将来について夜を徹して語り明かしたそうだ。

長州を脱藩した松陰は、全国の藩校を渡り歩き、
今後の日本のあり方等について議論を交わしたそうだ。
結局、松陰は2回つかまって 2回目の老中暗殺計画である 
間部要撃策を自ら進んで告白して斬首刑にされる。

この安政の大獄は、松陰の弟子たちによるものだとは思うが、
松陰の起こした松下村塾の塾生たちは、
その後この日本を担う偉人ばかりになる。
いまだに総理は山口県ですし・・・。


■各町に 岸和田祭りの 
だんじりをしまうところなんでしょうか。


■この界隈のマップ これ便利です。


■持ち主の名前がある、結構女性が多い。
おかみさんなんでしょうか?

このころの話で興味深いのは、まっ 本当か嘘かはわからないが 
伊藤博文が新政府の総理大臣になるが、この伊藤が明治天皇の替え玉
を仕組んだ話があるが、王政復古を機に新政府を作り 
今後の日本を 新しい日本を作るためには、天皇までを動かす
必要があったそうで このころの各藩の勤皇の志士たちの 
総合写真のなかに明治天皇もうつってたみたいで・・・。

これは、松陰のおしえなのかな~って考えてしまう。
要は大事をなすためには ルールを超えて動く必要があるみたいな。
結果を出すためには手段を選ばず的な発想で 一種、革命家
発想があるみたいだ。いろいろ勉強しすぎると枠を超すことは
大したことではないと思うが、結構 信長的な発想だ。時代やね~!

とりあえず、松陰は岸和田藩校講習館の館長だったので 
この岸和田界隈にも よく滞在したそうだ。
全国、飛び回って 自分の好きなことしてって 
相当の放蕩ぶりですが どうでしょう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です