やっぱ大阪市内で一番は 大阪市中央公会堂の夜景でしょ。このライトアップはきれい。

目次

  1. 大阪中央公会堂、夜のライトアップ風景、必見です。
  2. 大阪中央公会堂あたり、夜の徘徊場にはちょうどいい。
  3. 大阪中央公会堂、建築にまつわる歴史。
  4. 今の相場は大丈夫です。

大阪中央公会堂、夜のライトアップ風景、必見です。

この時期のライトアップできれいなのは、恒例の中之島の公会堂でしょ。中之島の川沿いに車で行ける。手近ですばらしいロケーションです。海外にいるみたいです。また、この夜のひっそり感にくわえて この日は、中にあるレストランには、人が多く来ててゴージャス。今年のハロウィンでした。リムジンできて女の子4人で いい写真をこのロケーションをバックにとって太人たちもいた。いい天気でした。


■大阪中央公会堂、まさにヨーロッパです。


■まさに”ゴージャス”、大阪とは思えません。


■昔のホテルか?もしくはやっぱ、魔法使いの学校ですか?

大阪中央公会堂あたり、夜の徘徊場にはちょうどいい。

隣に図書館があって その隣あたりが日銀で、夜の俳諧にはちょうどいい感じ、また、月がでてきて 雲に隠れたりして もう様相が”ハリーポッター”状態です。まさに、ハリーポッターの夜、裏に駐車場があって この日は満車で、この夜の夜会がまた神秘的で なんとなく人通りに少ない夜に 意味深です。


■イギリスのハリーポッターの魔法使いの学校?


■月が雲にかげって まさにハリポタ。

大阪中央公会堂、建築にまつわる歴史。

この中央公会堂は、1911年明治44年岩本栄之助が 衰退する蔵屋敷の時代に資材を売って 100万円を投資し、当時の渋沢の渡米実業団に参加し、その視察に影響を受け この公会堂の建設計画に至ったそうだ。その後、大正7年に竣工オープンにいたったが、言い出しっぺの岩本栄之助は、大正5年に相場で失敗し自殺したそうだ。このストーリーには時代を感じます。当時はそういった人々がたくさんいました。なんとなくの華族時代の話で 特に相場で失敗しって・・・、 ところは時代ですね。今は、逆指値とかあって 急な変動にそなえて自動的に大きな損失にならないように リスクヘッジできますから。

今の相場は大丈夫です。

昔の人のように 一晩で大損するなんてことはどうでしょう・・・。この時代はまさにジェットコースターです。レトロビルにありがちの”パステルグリーン”的ないろに その時代のさまを感じます。