うにの”むらかみ”!高いうに 頂きました。今回はふつうでした、前回は非常においしかったのに???

目次

  1. うにのむらかみ、昔は本当おいしかった。
  2. うに丼 今は一杯6000円です。
  3. 函館は、どこもかしこも観光客価格です。

うにのむらかみ、昔は本当おいしかった。

10年前ぐらいに うにのむらかみ に行きました。うにで有名だとは思いますが、高いのにお客さんでいっぱいです。もちろん函館です。10年前 もっとまえかな~ すごくおいしかった。うにが甘い、その甘いのが目いっぱい。昔、子供のころ海に潜って針の長い”うに”を取ってそのまま割って食べたウニと同じぐらい甘い。本物のうにでした。この店では、うにの活かし方?の違いで 非常においしくなるとか!くわしくは分からないが、そんなことを言ってたような気がしますが、とりあえず、昔は美味しかった。


■玄関はいったらお寿司屋さんみたいな感じです。


■少し待ちましたが、出てきました。


■向かいは うに バターとポテト うにバターを付けて食べる!

うに丼 今は一杯6000円です。

ただ、値段が非常に高い! びっくりです。ほんとに!10年前はたしか 一杯が3600円ぐらいかと それでハーフをたのんで1800円ぐらいでした。本当 バブル価格です。バブルってとうの昔に終わってますが・・・。その十年前もバブルは終わって終わってましたし、このお店だけがバブルですか?って感じです。今回2017年度はたしか6000円ぐらいで ハーフが3000円近くしました。もう一回バブルがきた~って感じでした。すげ~高~。

函館は、どこもかしこも観光客価格です。

おいしさはもうひとつ。10年前のほうが質が高い。うにのおいしさは すごく甘いのが特徴で、すこし甘さにかけてた。もうひとつでした。函館の駅前界隈は値段が非常に高い、どこもかしこも観光客価格です。ロケーションは最高だが、ちょっとした汚点じゃないですか。駅前の朝市の界隈、かにとか海鮮ものとか、あとトウモロコシとかの野菜関係がたくさん売られていますが、その朝市の奥の方、海辺の方にいくと ”むらかみ”があります。


■見た目、めっちゃ旨そうです。


■今回は利尻のバフンうにですが・・・。