最近の伊勢”おかげ横丁”界隈・・・。

おかげ横丁にいった。

とんだ勘違いですが、昔は”おかげ横丁”だと思ってた通りが 実はおはらい町通りで おかげ横丁は そこにいくまでの横町界隈のことだったって、全然知りませんでしたが。とりあえず、宇治山田からバスで 伊勢内宮前あたりで降りて そこから歩いて左ぐらいに入るとおはらい町までの横町があって まさにこれが”おかげ横丁”ですって感じですが。とりあえずは横町をとおって 赤福の所まで行く。その向こうはかわになっていて 今回はその川のほとりにあるお茶屋さんに 久しぶりに行ってみたくって 行ってみたら、右にあるいても左のほうに歩いても そんな店は見つかりませんでしたが。


■これがおかげ横丁です。


■なんか それっぽいっていう感じのものが。


■赤福餅です。

伊勢うどんをたべた。

また、近辺のお店の人にも聴いてみましたが、それらしいのは教えてくれましたが やっぱ、見つかりませんでした。途中でおなかがすいて ひとまず、”伊勢うどん”、これが簡素で結構おいしかった。店にはいるとまた クーラーが聴いていて ”すずしい”の一言です。また、麦茶がうまい、なんか一息ってつくって感じです。それで”伊勢うどん”をいただく。伊勢うどんの特徴は うどんに腰が無いこと、ふつう四国のうどんとかだと こしがあっておいしいって言いますが そのコシがない、太くって少し柔らかい感じ そのうどんに汁をぶっかけて食します。昔のひとがお伊勢さんに参る途中で簡単に腹ごしらえできる方法として 簡単にそく食べられるように そんな感じに工夫されたみたいですが、t・p・oにあわしたうどんですか?そんな感じのやつです。


■赤福の向こうが川で橋があります。


■おはらい町通りです。

寺の境内で夏を満喫です。

また、途中で寺があって その境内にお邪魔しましたが 誰もいなくって いい感じの境内でしたが、新緑の緑と蝉の鳴き声、それと照りつける太陽が めっちゃ暑くって 夏って感じの風景で 特に寺の境内には木があって その木に蝉がいる、これが好きです。何宗の寺かはわかりませんが、入口のところに柔道の道場があるみたいなことをかいていて この寺で柔道を教えてるんだっておもって それも懐かしかった。小さなころに寺の道場に友達と通っていて その頃のことを思い出した。行ってた道場は寺の地下にあって 畳が敷いてあって 柔道と合気道を教えていた。この寺も地下に道場があるのか~?とか思いながら、境内をボ~と見渡してた、少し写真も撮りながら。


■お寺さんがありました。


■寺の境内が夏を感じさせます。

結局、お店が見つからなかった。

そんでその寺の門を出るとまた、暑苦しい人波が 平日だというのに さすがに伊勢神宮です、人が多い。そんでもう一度、昔来た懐かしいお茶屋さんを探すことに。おはらい町通りをいったりきたりして とりあえず、赤福餅を土産に買って 伊勢の名物です。あと、このへんは鳥羽ですから牡蠣です。三重県は的矢とか有名な所があって また、生で食べられるのでおいしい、さすがに生は売って無かったですが、佃煮を買った。このカキの佃煮がまたおししい、黒いワタのところがサクッて感じで美味です、これを買ったりして、行ったり来たりして 昔の懐かしいお店を探したが 見つからずじまいで とりあえず、おちゃしようってことで、それっぽい店に入って おちゃとケーキ的なものを頂いた。”風情がねえ~” また、その店も人でいっぱいになりましたが 伊勢神宮ですから 仕方ないですか・・・?。


■レイコーとティラミス。


■日本座敷からの川の風景がまあまあです。


■この店も賑わってます。