大阪の”泉布観”にいってみた。

大阪の水路事情

大阪の水路事情って結構おもしろい。大きな淀川があって その淀川の際から少し細い支流?なのかな~ 川があって、これが土佐堀通り沿いに抜けていく。淀川はでかいが、この支流は割と小さく 隠れて大阪湾に出るにはいい感じの川ですが。それで天満橋のあたりからの土佐堀通りに関しては、西区堀江にある土佐稲荷、三菱商会の跡地が関与して 材木や物資を運ぶための船の水路が、昔、商売に使われていてその代表が三菱とかだったので やっぱ、土佐商会の”土佐堀”になったんでしょう。って明治初期のころの話ですが、この川沿いの”泉布観”にも 当時明治天皇が来たらしい、というか明治天皇の別荘ってかんじですか?


■泉布観


■旧桜ノ宮公会堂


■泉布観 横から


■泉布観 内部

最近は都島も近代都市になった。

この”泉布観”、いいです。割と都会の都島界隈の 大きな橋のは入り口ぐらいにあって、川沿いにある。船をつけて乗り降りしやすいロケーションって感じですが、この界隈は大阪城も近く 結構、城下町的な界隈だとは思いますが、でも ロケーションは最高じゃないですか。街的にも京橋を中心に 松下の高層ビルも建って結構、近代化された良い町になっている。いいじゃないですか。


■泉布観 シャンデリアがきれい。


■泉布観 2階の廊下


■泉布観 2階の廊下


■泉布観 2階からの風景

”泉布観”って?

”泉布観”は大阪最古の洋風建築で、もともとは造幣局の応接所として建築されたらしく そういや、造幣局も近いですし。明治4年に建てられて 明治天皇が3回来たそうだ。その他、諸国の要人をも迎えたそうだ。名前は”貨幣”を意味する泉布と”館”を意味する観で、”泉布観”と命名されたそうだ。大正6年には大阪市に移管されて、昭和31年には国の重要文化財に指定された。また、その横の旧桜ノ宮公会堂もいい感じで 当日はここのレストランで結婚式が行われていた。その面々が入り口階段で記念写真をとっていた。日取りもよく天気で 幸せそうな新婚さん、建物もおしゃれだし庭もおしゃれで ロケーションもよく 前の道もでかい、都会って感じのビルがたくさん建っててすごいです。近場には確か帝国ホテルとか 高層マンションが建ってる、大阪城も見える、大阪では良い環境じゃないですか。天神祭もあるし、造幣局の通り抜けもある、良いですね。


■泉布観 結構いい文様


■横で結婚式の記念撮影!