2018年01月09日一覧

紀州街道 岸和田 ”吉田松陰逗留地”も情緒があっていい。

このころの話で興味深いのは、まっ 本当か嘘かはわからないが  伊藤博文が新政府の総理大臣になるが、この伊藤が明治天皇の<h7>替え玉</h7> を仕組んだ話があるが、王政復古を機に新政府を作り  今後の日本を 新しい日本を作るためには、天皇までを動かす 必要があったそうで このころの各藩の勤皇の志士たちの 

岸和田 紀州街道にある”旧岸和田貯蓄銀行””旧和泉銀行” 多いね銀行の建物

でも、この通りはやっぱ、さわれないので 一時の道路がたくさん 整備された時期に やっぱ阪和道とかといった道路整備で  ちょっと上にメインの車道を作ったて感じです。海岸線には高速もあって  この街への<h7>アクセスも結構 簡単</h7>です。できれば、関空からの 観光客が増えればといった狙いが

岸和田 紀州街道にある”旧四十三銀行”のたてもの

岸和田城を下っていくと <h7>紀州街道</h7>がある。 このあたりも結構、見どころが多い。特に旧銀行の建物  今は他の銀行だったり役所だったりしますが、 また、レストランとかだったりしますが・・・。 どのビルもやっぱ お金かかってます的な  また、レトロ感が最高の建物ばかりで 大阪市内のもたくさん

大阪築港の天満屋ビル 海遊館の近くです。

昭和10年(1935年)建築。当初は、<h7>天満屋回漕店</h7>の事務所兼住宅だった。 茶褐色のスクラッチタイル、角に取られた大きなアール、 丸窓を置いたモダンなデザインが印象的な建築物。 現在も飲食店等に利用されている。港区では珍しい<h7>昭和初期</h7>の レトロ建築物で、モダニズムを感じさせる。