函館の牧場、絵にかいたような高原のなかにある、牧場です。

目次

  1. 函館郊外の牧場に行ってみた。どうよ、この環境。
  2. 阿蘇のふもととか富士山のふもとのような高原。
  3. 函館郊外の牛小屋です。

函館郊外の牧場に行ってみた。どうよ、この環境。

函館の牧場に行ってみた。やっぱ、函館っていうか 北海道は牛でしょう。乳製品がおいしい。ミルク系、バターとかチーズとか もろ牛乳とか、付随する製品 乳製品、チョコとか・・・。そんで やっぱ牧場があるに決まってる。ということで行ってみた。函館から高速で郊外に出て、車でゆっくりと山をあがっていく。いい感じです。そして ついに、山沿いに牧場がありました。


■高原の牧場!


■函館の街でしょうか?とりあえず見渡せます。絶景です。


■やっぱ、牛さんがメインでしょう。

阿蘇のふもととか富士山のふもとのような高原。

このロケーションが最高にいい感じで・・・。こんな場所といえば、阿蘇山のふもとの高原・・・。富士山のふもとの高原、今自分が住んでる関西地方には絶対ない光景。だから、良く見えるのでしょうか?素晴らしいロケーションにまた、贅沢にこの土地の広さをつかった牧場!本当、広い広大な草原に草がいっぱい生えていて、もちろんすべて牛さんのエサになるわけですが、それで育った牛さんの牛乳を全部頂く。チョコになる、アイスになる、チーズ、バター何でもかんでも乳製品になります。目的は2つ、この牛さんは、人間によって食べられるんでしょうか。ちょっと嫌な想像ですが・・・。


■こんな感じの牛、いわゆる乳牛、乳を搾るための牛さんです。


■ホルスタイン?顔がやけにきれいです。

函館郊外の牛小屋です。

下に降りると 乳製品を販売している道の駅めいたものがあったので そこにもいってみた。もちろん、玄関には牛さんです。もちろん、ソフトクリームも頂きました。この辺で取れた、取れたての牛乳で作ったと思われる、ソフトクリーム、おいしいに決まってます。確かに牛乳いっぱいでおいしかった。敷地内に牛小屋があったので行ってみた。そしたら、当然、牛さんがいた。いつものように お尻を並べて えさを食していた。このお尻を並べた風景がいい。沖縄の石垣島でもこの光景が見られます。北海道も沖縄も一緒か・・・。


■いかにも牧場らしい建物です。


■店のなかも牛さんがメインで。


■店の駐車場