はるばるきたぜ 摩周丸! 夕日と摩周丸 どうでしょう?

目次

  1. 青函連絡船記念館 摩周丸。
  2. 青函連絡船がとてもなつかしい。

青函連絡船記念館 摩周丸。

むかし、はるばるきたぜ 函館っていう北島三郎さんの歌がありましたが・・・。青函連絡船ですが、トンネルができてから 廃止になりました。その当時活躍した 摩周丸です。本州と北海道をつないでた。まさに歴史の船です。この記念館は、中に入るといろんな展示品がズラリです。記念館っていっても船ですから、船に乗るわけですが。昔の船で使ってた機械類や、看板類、衣類もありました。見ごたえあります。
■函館市青函連絡船記念館摩周丸wiki


■摩周丸です。


■摩周丸から函館山。


■ドックって感じです。


■函館市青函連絡船記念館、摩周丸です。

青函連絡船がとてもなつかしい。

むかしは船やもんね。何でもかんでも船です。廻船問屋が儲かってましたから・・・。あの有名な坂本龍馬とかの時代、まさに世の中は船の時代です。大量に荷物が運べて しかも、海の上だから早い。船ですよ船。青函連絡船は、昔はすごく有名でした。特に厳しい冬場になると、年末のテレビとかで南極の方々とかと同様によく紹介されていたのが、なんか懐かしいです。都晴美さんや北島三郎さんとかの歌もオオはやりで、でも今考えると 今でこそ北島三郎さんとかは演歌歌手の大物ですが、当時は村田秀雄さんとか、バーブ佐竹さんとか青江美奈さんとか大御所がたくさんいました。その後、北海道にも青函トンネルができて、北海道も地続きになって、今や新幹線ですからすごい。このトンネルもできたときはすごいと思いましたが、さすがに日本の技術です。その後外国でもこの日本のトンネル技術が生きてるそうですが、しかし、懐かしいです。


■夕日が・・・。函館です。


■摩周丸と夕日特集です・・・。