2017 毎回来ます。函館 赤レンガの金森倉庫前、おみやげを買いに人が集まります。

目次

  1. 函館、金森倉庫界隈。
  2. 金森赤レンガ倉庫

函館、金森倉庫界隈。

2017年の金森倉庫前です。よく来ます。路面電車の十字街から末広町にかけて 有名なレトロビルとか 見るところが集中していて その海沿いにこの赤レンガの倉庫。なかはほぼ お土産屋さんですが、あとレストランとかもあります。海沿いには、北海道で多いのか?”ラッキーピエロ”っていうファミレス?があります。平日なのに どこも観光客でいっぱいです。今年はとくにアジア系の外国の方々が多かったような気がしましたが・・・。これからも ドンドン増えていくでしょうね。北海道の土地が外国の方にすごく買われてるって 聞きますから、余計に増えそうで・・・。そんな感じの2017年です。


■少しいくと橋がある。車が通るが狭い!


■この裏手の水門みたいなところが、なんかいい。落ち着く。


■この赤レンガ塀がいい。

金森赤レンガ倉庫

函館の路面電車の駅で十字街っていう駅っていうかバス停っていうか、とにかくあります。その駅で降りて、海沿いの方に行くと金森赤レンガ倉庫があります。この倉庫全体というか 何個かあって中におみやげもの屋さんやレストランが多数入ってます。結構、函館で有名な場所です。この金森倉庫は、大分県出身の初代渡邉熊四郎が洋物店として創業した建物跡です。その前の幕末には、外人居留地や造船所だった。面白いのは、歴史的な背景もあって山手には、旧イギリス領事館のような外人関係の洋館が多く、この港界隈にも各商人たちが起こした商売地の跡地に立ってる近代建築、役所の指定建造物がたくさん立っている。これが非常に見ごたえがある。今回も函館の指定建造物を端から端まで見て回りました。その際に電動のちゃりんこを使うのがオススメです。楽ちんです。


■少し坂になってるところで、港がよく見える。


■そのまんま、”ベイ”って。


■”BAY”、とねこがいい。


■この場所から見る赤レンガ、いいですね!