北海道 江差町”横山家” このあたりは”にしん”で有名。豪商です。

目次

  1. 江差町の横山家は昔の商家。
  2. 横山家は指定文化財でありますが、にしんそばもやってます。
  3. 江差町と石狩挽歌。

江差町の横山家は昔の商家。

横山家は、初代の時代から漁業、商業、廻船問屋を営み、200年以上の歴史をもつ商家。現在の建物は約160年前に建てられたもの。くぎを使わない木造住宅で、地震に強い構造となっている。現在は北海道の指定文化財となっている。中には 漁業時代の道具や江戸時代の生活用品等、蔵まで展示されていて結構見ごたえがあった。町自体は、結構何もないというか すっきりした町で 車も少ないので、割と自由jに行き来できて 晴れた日などは海も近し いい感じのマテではないでしょうか。


■ここが駐車場です。


■町もすっきりしてる。


■町の案内板です。


■さすがの指定文化財の商家です。


■にしんそば屋さんを営業中です。


■前の通りもすっきりしている感じです。

横山家は指定文化財でありますが、にしんそばもやってます。

今から約50年前に考案されたという北海道風の「ニシンそば」も有名。”にしんそば”いただきました。関東風だし汁で 少し濃そうですが あっさりでした。関西人としては すこし 出汁が単純で不満ではありましたが、でもこんなもんじゃないですか?にしんも みりん干しがすこし 甘さに欠けるって感じでしたが、どうでしょう!


■にしんそば屋さんの入口です。


■そばを頂く場所はこの座敷です。


■床の間もあります。昔の民家です。


■夏の民家の風景です。


■にしんそば おいしかったです。値段が少々高かった、1000円です!

江差町と石狩挽歌。

母屋と四番蔵には、ニシン漁全盛期に使われていた生活用具が展示されており、当時の商家の暮らしを知ることができる。風光明媚で気候も最高。この季節はです!このあたりは、風が強く 雪も少ないそうです。その雪が強い風にふかれて 本当雪が少ないそうです。江差とは、アイヌ語で岬の事だそうで、地形からこの町の名前が付いたそうですが、とりあえず「にしん」です。有名なう阿多がありますが、「石狩挽歌」。これいいですよね。”あれからにしんはどこへいったやら~”ってやつです。本当の話で、もう随分、昔ににしんが回ってこなくなって、にしんが取れなくなったそうです。だけど、江差町は本当にいい街でした。住みたいぐらいです!


■年代物がたくさんあります。


■玄関の座敷です。


■中の土間がずっと仲間で続いています。


■でっかい金庫ですか?蔵ですか。扉が太い。


■昔のにしん漁の道具がずら~と並んでます。


■昔の江差の風景でしょうか・・・。


■屏風がご立派です。


■なんかお宝が出てきそうなふいいんきですが・・・。


■ひよしまる・みょうじんまる・ちょうえいまる でしょうか?